2020-10-23
Breaking News

老人ホームで働く時に必要となるスキル

老人ホームで働く際は、介護保険制度の知識を事前に学んでおくことや、利用者と円滑な関係を築くためのコミュニケーション能力、折り紙やクイズなどのレクリエーションに関する知識などが必要となります。介護保険制度の基礎的な知識を学ぶことで、介護施設の職員に求められている能力を具体的に把握することができます。制度が改正された時も、最新の情報をきちんとチェックしておけば、新制度にスムーズに対応しやすくなるというメリットもあります。

また、老人ホームでは高齢者や職員が集まって身体や頭を使ったレクリエーションをすることが多いため、高齢者もチャレンジしやすい手遊びや体操などを知っておく必要があります。施設によっては皆で合唱をしたり、子供たちや動物と触れ合う催しを開催することもあり、準備や進行も大切な仕事です。レクリエーションを積極的に行うと高齢者の身体や脳の機能の低下を防ぐことができるほか、他の人とも自然に関わることができるため、脳に良い刺激を与えることができるといわれています。日頃から高齢者も気軽に取り組めそうなレクリエーションについてチェックしておくのがおすすめです。

さらに、コミュニケーション能力も大切なスキルです。趣味や好きな芸能人など、高齢者と一緒に楽しく会話できそうな話題を探しておくのも良いです。高齢者の状態や病気によって接し方を工夫する必要もありますが、基本的には笑顔を忘れずに、ほがらかな態度で接するように心がけましょう。老人ホームで働き始める前にこれらのスキルについてさらに磨きをかけておけば、現場でも活躍しやすくなるでしょう。